7-2
起点 目標点 強制分岐条件 二次分岐確率
スタート A 重巡2隻以上 2/6
B
2/6
F 戦列2隻以下 空母2隻以下 2/6
A C
2/6
D 戦列2隻以下 2/6
E 艦隊総幸運値135以上 2/6
E H 2/4
K 最低航速24ノット以下 2/4
F G 2/4
L 潜水艦2隻以上 2/4
H J 2/4
K 空母2隻以下 2/4

★お勧めルート
A→D→H→K→M

★ボスルート敵最大制空値
KマスのX級Ⅲ型x3の編成で95.37
(優勢:143.055 確保:286.11)


★攻略編成
ボス編成には必ず1~2隻の潜水艦(Φ級Ⅲ型)がいます。
この潜水艦は爆雷一つでは確殺できませんので対潜駆逐軽巡には爆雷の他に
G7a魚雷(四連装533mm磁性魚雷)等対潜値がある装備を持たせて下さい。
中破による火力減衰も考えるとソナーも良いです。
また、レベルが75と高いので意外に回避してきます。
対潜を駆逐に任せて撃ち漏らしが目立つようであれば攻撃機会の多い
長射程軽巡(特にオマハやヘレナ等命中補正のある軽巡)を起用することをお勧めします。

▼奇襲赤城 対潜艦 大鳳改 空母3
ボスマス到達率1/6弱の空爆編成です。
1/6と言っても最初の1/3を除けば1/2弱となりますので、母港帰還機能が実装された
今となってはそこまできつくはないと思います。
道中に迂回マスがありますが航速条件は厳しくなく、空母3を五航戦やレキサラを
織り交ぜたものにすれば迂回率80%以上を維持できます。
道中ド安定、ボス戦でもSS勝利が十分狙える編成ですが、逆に開幕爆撃不発からの
昼戦攻撃ミス多発で夜戦を前にA勝利が確定する場合もあります。
ただ、そのリスクを踏まえても気楽に周回できる編成なので筆者のお勧めになります。

▼戦列3以上 重巡2以上 対潜艦 
指定艦種の他に総幸運値135以上・最低航速24ノット以下という条件を満たせば
ボスマス固定
になります。
ボス固定の代わりに道中不安定、ボスでSSがほぼ取れないのでU156のドロップ率は下がります。
特にEマスKマスの空母・潜水艦が厄介なので、筆者としては先述の空爆編成をお勧めします。

▼対潜艦について
対潜艦は好みに合わせて以下の2パターンから選ぶことになります。
・駆逐(昼戦の初手を空母にできる、夜戦火力高い)
・長射程軽巡(最大三回対潜攻撃可能で撃ち漏らし防止)
駆逐はラフィー・フレッチャー、軽巡は五十鈴・オマハ・ヘレナ(ヘレナは足が遅いので
ボス固定編成用)辺りが使いやすいです。
(筆者は生存性の高さと確実な潜水艦撃破のために4n艦で高回避、対潜値が高く
 対潜攻撃機会の多い長射程五十鈴を使用していました)
また、対潜を軽空に任せるのもいいのですが、道中中破でボスA勝利以下確定なので
お勧めできません。


★掘り編成
この海域のレア艦は概ねボスマスないしボスマス掘りをしているうちに手に入ると思いますが、
カッシングだけは外れマス(Lマス)にいますので専用の艦隊を組んだ方が良いです。
ルート的には2戦なので掘りやすいのですが、敵最大制空値
LマスのΧ級Ⅲ型x3、Ⅱ型x1で110.83と非常に厄介です。
(優勢:166.245 確保:332.49)
※U156については7-2より周回が楽な7-3ボスマスでもドロップします。
 
●カッシング
・戦列2 対潜艦1 大鳳改 空母2
Lマス到達率1/2になります。
Lマスの制空優勢に必要な制空値が非常に高いため、目安として火力40以上の空母の
10機以上のスロットに搭載する艦載機の合計対空値が54以上になるようにしてください。
開幕爆撃さえ凌げばS勝利は特に難しくありませんし、修復材の消耗率も低いですが、
その分資材の消耗が激しいです。

・潜水艦2 対潜艦1 大鳳改 空母2
Lマス固定編成です。
空母系3隻でLマスの制空を優勢にすることで開幕航空戦の被害を減らし、同時に
敵対潜艦を潰すことで潜水艦被弾による修復材の消耗を避ける編成です。
SS勝利も狙えますが、その分ボーキの消費は激しいです。
ルート固定編成の中では筆者的には一番お勧めになります。

・潜水艦2 対潜艦1 戦艦2 長春
Lマス固定編成です。
潜水艦と長春で砲撃戦に入る前に対潜艦を潰し、潜水艦の損害を減らしつつ、開幕航空戦で
多少損害を受けても戦艦による強力な砲撃でS勝利を狙う編成です。
S勝利は安定すると思いますが空母3~4隻編成を引いた時の開幕航空戦でのダメージが
大きく、ボーキを節約できるとはいえ修復材の消耗率的にはいまいち感のある編成です。

・潜水艦5 対潜駆逐1
Lマス固定編成です。
戦闘機会が2回しかなく、各マスの敵編成に含まれる対潜艦も最大で2隻なので
意外に実用的な編成です。
潜水艦は2隻くらい中破していてもLマスS勝利は狙えます。
よって、潜水艦は4n艦を揃えて3隻以上中破するか、大破閾値に達するか、
大破しない限り修復剤を使わなくても良いでしょう。
(4n潜水艦は未改造米潜3種、U505、U156、スカパフローU47)
対潜駆逐はラフィーが適任です。
ラフィーは中破以上の損害でも昼戦時は火力減衰されないので対潜能力の低下を起こさず、
更に全ての航空攻撃が無効になるので、中破状態でうまく回せれば修復材の節約になります。
ハロウィンアイテムのベルマッキャンを持っているのであれば装備して4n艦化すると
修復材の使用タイミングが非常に計算しやすく(大破閾値または大破するまで修復しない)、
より楽に周回できるでしょう。
資材の消耗は非常に低く、予備の潜水艦を持っているのであれば修復剤を使わず
ローテーションも可能なので、手持ちの潜水艦が多い提督にはお勧めです。